KCCTだから応えます

ホーム > KCCTだから応えます > 人間力向上チャレンジ > 人間力を向上する KCCT社員が目指す5つの心得

人間力を向上する

■すばらしい人間性の醸成

KCCTでは「KCCT社員が目指す5つの心得」を、全社員が正しく理解して実践することを目指しています。

2お客様に信用され、頼られる人になること 3お客様に感謝の心お持つ人になること 4仲間のために尽くし、仲間を大切にする人になること 5自己研鑽を積極的に行う人になること

●お客様に好かれる人になること

お客様は、派遣先の担当の方や上司の方だけではありません。その会社に関わるすべての方々です。第一に礼儀作法がしっかりとしていなければいけません。
明るく元気に挨拶がしっかりとできる、陰日なた無くまじめに働く、仕事をする。これは基本的なことです。また、お客様を好きになることも大切です。その結果、お客様の会社のために一所懸命に頑張ろうとモチベーションも向上します。

●お客様に信用され、頼られる人になること

信用される条件は「嘘をつかない」「人をだまさない」「人の物を盗まない」の3つです。人としての最もベーシックな原理原則ですが、世の中で起きている事件の大半はこれに当たります。
さらに信用されるためには「ほう・れん・そう」が上手にできることです。できない場合は、文書を書いて整理することです。その際には、言葉にも気をつけます。人は言葉で動き、言葉で自分を表現します。だからネガティブな言葉では人格も伸びません。

●お客様に感謝の心を持つ人になること

お客様から仕事をいただいているので当然のことですが、仕事の失敗や気付きが足りないなどの理由で叱責や批判、軽視されることがあるかもしれません。しかし、そのようなお客様の言葉や態度は、自分に責任があると考えて欲しい。お客様はアドバイスや注意をしてくれているのだと気付いて欲しい。もし、お客様に言いたいことがある場合は、提案や意見、アドバイスとしてまとめて提出してください。

●仲間のために尽くし、仲間を大切にする人になること

仲間は、KCCTに関わる全社員のことです。誰もが人生の中で何が起こるかわかりません。突然の事故や病気などで会社を休むこともあります。お客様の都合で退室などで、やむなき状況に置かれることもあります。
人は自己中心的な考えになりがちですが、そのような時こそ、お互いにKCCTで働く皆のために頑張ろうという気持ちで努力してください。

●自己研鑽を積極的に行う人になること

資格の取得や技術力の向上に努めてください。能力を持つ人は年齢に関係なくお客様から求められます。それは、一人ひとりがどのような努力をするかにより決まります。自己研鑽に積極的に取り組み、実力と人格を高めて欲しいと考えます。