派遣でお仕事をお探しの方

初めての派遣登録

■ビジネスマナー

社会人として敬語で話すことは当然ですが、仕事上話す相手はお客様や就業先の方などさまざまです。状況に応じて使い分けることを心がけましょう。敬語は「丁寧語」「尊敬語」「謙譲語」の3種類に大きく分類できます。

●「丁寧語」丁寧な言葉遣いで相手を敬う言葉
言葉の始めに「お」「ご」をつけ、語尾は「~です」「~ます」などになります。
<例>「お時間です」「お知らせがあります」「ご報告します」「ご連絡です」

●「尊敬語」相手に対して敬意を表す言葉
語尾は「れる」「られる」などにで、「お(ご)~になる」と話します。
<例>「見る」→「ご覧になる」 「来る」→「お越しになる」

●「謙譲語」自分がへりくだることにより、相手に敬意を表す言葉です。
<例>「私が見ます」→「私が拝見させていただきます」

●敬語の使い分け方
社外の人には、「尊敬語」、自社の人のことを話す時は「謙譲語」、社内の人には、「尊敬語」を使います。
ただし、意識しすぎると話したいことをうまく言葉にできず、相手に真意が伝わらないこともあります。 多少の敬語の間違いよりも、明るくハッキリと話すことが大切です。

●クッション言葉
「お手数ですが」「申し訳ありませんが」「恐れ入りますが」「よろしければ」「失礼ですが」などをクッション言葉と言います。 このようなクッション言葉をつけて話すことで、後に続く言葉がやわらかい印象になります。聞き手の気持ちを考えて使ってみましょう。