派遣でお仕事をお探しの方

就業先で注意すること

■就業先で注意すること

●契約期間を守りましょう
引き受けた仕事は契約期間満了まで責任を持ってやり遂げましょう。就業先に迷惑をかけるだけでなく、プロとして、社会人として、あなた自身の真価を問われます。常に責任を持って業務に専念しましょう 。
●時間に余裕を持って出社しましょう
始業時刻に余裕を持って出社し、速やかに仕事ができるように準備しましょう。病気や事故など、やむを得ない理由で「遅刻・欠勤・早退」をする際には、必ず事前もしくは始業時刻前までに就業先への連絡はもちろん、KCCTの担当者にも連絡ください。
●ビジネスマナーを守りましょう
社会人としてのビジネスマナーを守り、責任ある行動で業務に取り組んでください。日ごろの勤務態度もあなたの評価になります。
→ ビジネスマナー
●コミュニケーションをとりましょう
業務を確実に遂行し、職場での信頼を得る上でも、就業先の社員と上手にコミュニケーションをとることが大切です。挨拶や報告をきちんと行い、円満な人間関係づくりに努めましょう。また、就業先の社員と親しくなったとしても、社会人としてマナーを守った話し方を心がけましょう。
●企業の秘密を口外しないようにしましょう
就業先で知りえた情報などは、その就業先での契約期間終了後も、絶対に口外してはいけません。また、就業中でもトイレやエレベーター、喫煙所など、就業先の共有空間で、会社のことや、仕事、社員についての話をするのはやめましょう。常に秘密を守るよう心がけて行動してください。
●メディア等の取扱いに十分注意する
業務で使用するマニュアルや顧客のリスト、コピーした書類やメモとして利用した紙類。このような就業先の社外秘もしくは、社外秘に相当する資料およびデータを、コピーまたはメディアに入れて社外に持ち出したり、Eメールやインターネットなどで流出させるのは違法行為になります。絶対にやめましょう。
●使わなくなった書類などはシュレッダーで処分する
書類を処分する際に細かく破ったり、丸めてごみ箱に捨てるだけでは、情報漏洩の危険が非常に高いです。また、業務中や業務終了後も、デスク周りなどに、不用意に書類やデータ類を置いたままでいないか、PCのディスプレイの電源がONになったままで、何らかの情報が表示されていないかなど、厳重に注意しましょう。お客様や建物の清掃業者などが、離席中や不在中に入室することも考えられます。情報漏洩防止を常に心がけましょう。
●私用でネット環境などを利用しない
就業先で利用するPCや携帯端末などを私用のために使うことは、就業中および就業時間外も禁止されています。また、業務に関係のないホームページなどを閲覧することも同様です。Eメールやインターネットの通信費は就業先が負担することになり、派遣先に大変なご迷惑をおかけすることになります。私用でのインターネット環境の使用などはしないでください。
●トラブルが起きた時や困った時
派遣先でのトラブルや仕事上で困ったことが起きた場合には、直ちにKCCTの担当者へご相談ください。